アプリケーションソフト

期待外れの【 iPhone iOS12 標準アプリ「計測」】

<こんにちは、Jiiyaです>

使っているiPhone 7 Plus の iOS のiOS12バージョンアップ通知が有ったので、バージョンアップしました。

そうしましたら、新たに標準アプリ「計測」と言うアプリがプラスされていたので使ってみました。

仕事でも、使えるのではないか(?)と期待したのですが・・・。

「計測」アプリを起動

iOS12にアップデートして自動的にインストールされた「計測」アプリです。
タップして起動させます。
まずは、この様な画面表示が出ました。

iPhone を動かしながら、計測したい物を画像として捉えます。動かしながら計測したいものを捉えます。

「計測」を操作

卓上に有った計算機を捉えて見ました。
この画面になった時に、【 + 】をタップして、計測数値を表示させます。

この様に計測結果が、表示されました。
幅:10cm、縦:16cm と計測されました。
これは、手軽で便利と一瞬、「凄い!」と思いました。

実物の寸法をメジャーで計ってみました。

実寸結果は、幅:10.8cm、縦:17.3cm でした。

画像を捉える際のカメラ角度にもよるでしょうが、あくまで「大まかなサイズ」を計測するようで、誤差もそれなりに有りますね。
正直、もう少し、精度が有って測れると嬉しかったのですが・・・残念です。

「水準器」を操作

「計測」アプリの中に、もう一つ「水準器」と言う機能もありました。
こちらも試してみました。

測定したい物にあてがい、傾き・勾配などを水平に対して角度表示をして、測れるようになっているみたいですが、こちらも目安程度の感じでした。

水準に関しては、こちらも仕事柄、家具などの据え付けでの水平具合を見るのに、以前より利用しています「水平器」アプリの方が、同じ目安でも、より使いやすいように思われました。

「水平器」アプリは、テーブルなどをセットした時でも、天板の上において、左右前後(xy方向)同時に測れるので、4隅脚のアジャスター調節などに利用できるので、便利です。

まとめ

自分は、仕事柄、いつも3mの内寸・外寸計測出来る軽い(130g)メジャーをバッグに入れ、持ち歩いているので、ここまで誤差が有るのでは、この「計測」アプリは、余り使わないような気がします。

物の寸法を計るのにすぐメジャーを出して計測していますので、慣れもありますね。

でも、この「計測」アプリは、手の届かない様な所にある物の概寸を計るのには、使えそうですね。

もう少し、色々と計測してみて、便利な使い方が出来ないかを検証してみたいと思いました。

<有難うございます、Jiiyaでした>

 

こちらの記事もおすすめ
error: Content is protected !!