使って便利

鍵の管理に小さなお助けキーバック・「鍵どこ?」なくす方法です!

<こんにちは、Jiiyaです>

僅かな予算で、便利になるグッズ、もう何年も使っていて、本当に便利で助かっているので、そんなグッズ:キーバック(KEY BAK)を紹介します。

皆さん、家の鍵、車の鍵など、管理はどうされていますか?
鍵を使おうと思ったとき、何処にしまったか、探して慌てたことなど有りませんか?

自分もキーバックを使うまでは、着ている洋服のポケットの中を探したり、持っているバッグの中を探したり、えらく手間取った思いがあります。

キーバック(KEY BAK)とは?

キーバックを使うようになってからは、鍵を使いたいときその鍵を探すのにえらく手間取った様な事、一度もなくなりました。

キーバックとは、この写真に写っているグッズです。
円形の樹脂ボディの中に強度のあるポリエステルコードが、内蔵バネの力で巻き付いていて、先端には、鍵用のステンレスWリング付いています。このWリングに普段使う鍵を付けておきます。この円形の樹脂ボディをベルト、バッグなどに引っ掛けられる様に360度回転できるバネフックが付いています。

バッグに掛けたときの写真です。
こちらは、ベルトに掛けたときの写真です。

さほどこれと言ってたいした事のないグッズですが、これが、どうしてどうして、本当に助かるのです。「鍵を探す」ストレスから解放されたんです。

キーバック(KEY BAK) を使う

出掛ける時は、家の鍵を閉めるわけですから、必ず鍵をセットしたキーバック(KEY BAK) をベルトないしは、バッグに引っ掛けて出掛けるのですが、鍵を閉めるのにキーバック(KEY BAK) を引っ掛けた状態で、鍵だけ持って、引っ張りだし、鍵を使います。

鍵を引き出すと今、自分が使っているタイプは、ポリエステルコードが60cm位、引き出せます。

閉めましたら、鍵を手から離せば、ポリエステルコードが、内蔵バネの力でキーバック(KEY BAK) へ戻ります。

これだけの事ですが、鍵の有る場所が、いつも解っていて、鍵を取り出すときも仮に両手がふさがっていても、ちょっと荷物を片手で持って瞬時に鍵を使えるので本当に便利です。

自分が使っている車は、まだエンジンキーを差し込んで始動させ、使うタイプで、必ずキーバック(KEY BAK) には、スペアキーを付けています。
こうすることで、以前は、結構あった鍵入れっぱなしの車ドアロックでも、ベルトにスペアキーがあるので慌てたことありません。

アウトドアなどでも両手を使っていても、鍵はベルトに有るので、うっかり置いて、置き場所を忘れたり、なくしたりする心配がありません。

使っているのは、アメリカ製ですが、もう5年使っていて、毎日、鍵を引き出しているのですが、ポリエステルコードがしっかりしていて、切れるような事もありません。

以前、似たような商品をホームセンターで見つけて使ったのですが、コードが切れたり、外れたり、巻きとりバネがきかなくなったり、散々な思いでしたが、これは、大丈夫の様です。

鍵の管理で困っている方は、利用されたら如何でしょうか?

 

<有難う御座います、Jiiyaでした> 

 

 

こちらの記事もおすすめ
error: Content is protected !!