暮らしの情報

【小物釣り】横浜で釣りの出来る池がある公園を下見してきました!

<こんにちは Jiiyaです>

最近、ネットなどで、【小物釣り】の情報サイトを見て、子供時代に、母の郷里:水郷潮来で、好きで遊んでいた淡水の魚釣りをしてみたくなってきました。
とりあえず、安価に道具を仕入れて、手軽に出来そうな【小物釣り】にチャレンジして見ようと思いました。

自分は、横浜に暮らしているのですが、割と海釣りへのアクセスの情報は、多く有りますが、淡水で楽しめるポイントが、少ないのには、ちょっと残念な思いです。
道具を揃えるにしても、釣り場がどんな様子なのか、知らないと行けないと思い、手軽に始められる「釣りが出来る池の有る公園」を下見する事に致しました。

「釣りが出来る池の有る公園」を下見してきましたので、紹介させて頂きます。

こども自然公園

所在地:横浜市旭区大池町65-1

  • 相鉄線「二俣川」駅南口下車徒歩15分
  • 相鉄バス「二俣川駅南口」から旭1・旭6系統「万騎が原中央」または「万騎が原大池」下車徒歩3分
  • 相鉄線「南万騎が原」駅徒歩7分
  • 無料駐輪場(入口広場隣)
  • 有料駐車場449台
  • トイレ有り

別名「大池公園」と呼ばれ、横浜の中でも最大級の面積を持つこの公園内には、大池を中心にした丘陵地にゆったりとした良好な自然が残され、四季折々の景観を楽しむことができます。
この大池で【小物釣り】を楽しむ事が、出来ます。
一部、釣り禁止の場所も有りますので、現地で案内板等、確認して下さい。

もえぎ野公園

所在地:横浜市青葉区もえぎ野7-1

  • 田園都市線「藤が丘駅」から徒歩約8分
  • 駐車場なし(近隣コインパーキング利用)
  • トイレ有り

青葉区で一番大きい池があるのどかな雰囲気の公園です。池を横断するデッキは、池の水面に近く、時々カモが一休みしています。
公園内の池で【小物釣り】を楽しむ事出来ます。
一部、釣り禁止の場所も有りますので、現地で案内板等、確認して下さい。

横浜市児童遊園地

所在地:横浜市保土ケ谷区狩場町213

  • 駐車場:有料50台
       *料金等の詳細は横浜市緑の協会のホームページをご覧ください
  • 交通:JR保土ケ谷駅等より市営・神奈中バス「児童遊園地入口」下車
  • トイレ有り

横浜市児童遊園地は、元来の地形や樹木を活かして整備されているため、園内に傾斜地が多く、樹木も豊かに繁っている緑に囲まれたのどかな公園です。
公園内の池で【小物釣り】を楽しむ事出来ます。
一部、釣り禁止の場所も有りますので、現地で案内板等、確認して下さい。

久良岐公園

所在地:横浜市港南区上大岡東3-12-1

自然の景観を生かした落ち着きのある公園。日本庭園や能舞台付近は深山幽谷の趣が、あります。
公園内の池で【小物釣り】を楽しむ事出来ます。
一部、釣り禁止の場所も有りますので、現地で案内板等、確認して下さい。

山崎公園

所在地:横浜市都筑区中川4-19

  • 横浜市営地下鉄ブルーライン「中川」駅 徒歩約5分
  • 駐車場なし(近隣コインパーキング利用)
  • トイレ有り

竹林・雑木林などの自然と触れ合う里山風景があり、幅広く楽しめる公園で、北は、「くさぶえのみち」、南は「しらさぎのみち」と「やさきのみち」で都筑の緑道に繋がっています。
公園内の池で【小物釣り】を楽しむ事出来ます。
一部、釣り禁止の場所も有りますので、現地で案内板等、確認して下さい。

藤が丘公園

所在地:横浜市青葉区藤が丘2-18

  • 東急田園都市線「藤が丘」駅 徒歩約5分
  • 駐車場なし(近隣コインパーキング利用)
  • トイレ有り

ひょうたん池を中心に自然を活かした公園です。
ひょうたん池まわりも自然が多く、この池を楽しむため遊歩道、休憩所も充実しています。
そして池を楽しみながらトレインビューまで楽しめます。
公園内の池で【小物釣り】を楽しむ事出来ます。
一部、釣り禁止の場所も有りますので、現地で案内板等、確認して下さい。

白幡池公園

所在地:横浜市神奈川区白幡町4

  • 最寄駅/白楽駅(徒歩6分) 妙蓮寺駅 (徒歩12分)
  • バス停/六角橋(徒歩10分)
  • 駐車場なし(近隣コインパーキング利用)
  • トイレ有り

自然を感じられる緑豊かな公園です。隣接する県立篠原園地まで遊歩道になっていて、散歩も楽しむ事出来ます。
池で釣りの出来る場所と時間帯の指定が有るようです。

二ツ池公園

所在地:横浜市鶴見区獅子ケ谷1-24

  • 東急東横線「綱島駅」・JR線「鶴見駅」各駅よりバス バス停「二ツ池」下車
  • 駐車場なし(近隣コインパーキング利用)

獅子ケ谷と駒岡に隣接する二ツ池は、もとは一つの池だったものが、竜神によって二つに分けられたという伝説があるそうです。
古くから灌漑用溜池として獅子ケ谷村と駒岡村の田畑を潤してきて、池は慶長年間(1596~1615)に作られたといわれ、100年ほど後、二つの村に水を均等に分けるために真中に堤を作り村境としたとの事です。

ヨシなど水生の植物が豊富で、県内では絶滅の危機に瀕しているイトトンボなど貴重な昆虫の生息地になっている様です。
平成28年には駒岡池が池の環境を生かした公園として整備され、人々に親しまれていて、釣りをするデッキも整備されています。

桜台公園

所在地:横浜市青葉区桜台42

  • 東急田園都市線青葉台駅より東急バス「桜台公園前」下車
  • 駐車場なし(近隣コインパーキング利用)
  • トイレ有り

開発前の自然の山をほぼそのまま残した形となっている公園の様です。
緑の多い公園内には、散策路があり散歩が楽しめ、春はさくら、秋は紅葉が楽しめますね。

まとめ

どの公園も整備・清掃などの管理が、行き届いています。
小物釣りをする足場も何処も割と良い感じです。
いつまでも手軽に【小物釣り】が楽しめる様に、綺麗に利用させて頂きましょう!
是非、参考にされて下さい。

今後、「釣りが出来る池の有る公園」を新たに見つけられましたら、取材させて頂き、追記して参ります。
宜しくお願いいたします。

横浜市<暮らし・総合>でのホームページ上の「公園に関するよくある質問/ルール」において、『公園の池で釣りをしてもいいですか?』の質問に対し、下記のような答えが記載されています。

他人の迷惑となるルアーなどの投げ釣りは禁止しています。
他の利用者に迷惑のかからない範囲で釣りをなさってください。
ただし、生物の保護のため、釣りを禁止している公園もあります。

池の水質や生き物に影響があるため、えさ、釣り針、糸を放置しないようにお願いします。

参考:https://bit.ly/2QUy84S

個別の公園の利用等についてのご意見・お問合せは-各公園緑地事務所、各区の土木事務所までお願いします。

補足(撮影機材等)

今回の下見で撮影に使いました機材は、下記の物です。
散策歩きの撮影ですので、なるべくコンパクトで、小さなショルダーバッグに収納出来る機材を選択して、撮影しております。

撮影用カメラ


メインカメラは、<GoPro hero9>を使用しています。スマホである<iPhone12pro/max>は、場所探しにmapナビで使用し、全般を撮影していて、ズームしてポイント撮影する時に使っています。

録音機材


撮影機材の音声入力端子が違うので、GoPro hero9用とiphone12pro/max用と2つのVR録音出来るイヤホンマイクを使っています。
外付けマイクをつけて撮影していると、「いかにも・・・」の感じになりますので、イヤホンとして使いながら、録音しています。
なるべく、風防雑音低減で、ウィンドジャマーを付けるようにしているのですが・・・。

機材をセットした時に歩いていて、腕などにコードが絡まらない様にコードクリップを使っています。

小物収納バッグ


小物収納バッグは、100均ストア<Seria>(セリア)で探しました。

カメラ手持機材

スマホをホルダーにつけて、GoPro hero9には、1/4ネジマウントを取り付けて、自由雲台を付けたハンドルグリップが、兼用出来る様にしました。
又、撮影していて、うっかり機材を落とさないよう、リストストラップを取り付けて、使っています。

 

ストラップの取り付けには、カメラ1/4ネジ長を利用しています。

バッテリー

撮影時間が、長くなって、バッテリー容量が無くなった時の為に予備バッテリーを持ち歩くようにしています。

<有難う御座います、Jiiyaでした>

こちらの記事もおすすめ