暮らしの情報

【電動ドリル&ドライバー】これ、家庭に1台あってもいいのでは?

<こんにちは Jiiyaです>

最近は、IKEA(イケア)とか、ニトリ、無印良品などで、購入して持ち帰って組み立てる良い家具が、かなり多くなってきて、手に入れてられる方も多いと思います。
そう云う私も、ちょっとした収納家具・デスク・ワゴンなど、身の回りでは、随分と自分で組み立てて使う家具が、増えています。

そんな時、今まで、手動(手回し)のドライバー、レンチ / スパナを使っていたのですが、気軽に電動で使えるドライバー、レンチ / スパナが欲しくなり、手頃な価格の物を色々と検索して、手に入れて使ってみました。
思ってた以上に、使えたので、紹介させて頂きます。
手に入れた【電動ドリル&ドライバー】は、これです。

44種類のドリル&ドライバー(プラス・マイナス・トルクス・四角ネジ・ドリル・六角ソケットなど)のビットと作業延長棒1本、フレキシブルシャフト1本付属されていて、付属の<USB Type-A>給電充電用専用電源ケーブルで充電され、正逆回転切り替えが、出来て、トルク調節もついていました。
しかも、作業先を明るく出来るLEDライトと握る持ち手下にも懐中電灯として使えるLEDライトが、ついています。
税込¥3,299で手に入れました。今、確認しましたら、¥3,000以下で手にできる様です。

【電動ドリル&ドライバー】概要

駆動部分本体は、この様になっています。
*販売ページより、写真を引用させて頂きました。

  • 本体サイズ L型で使用の場合、W=約47mm、D=約175mm、H=約140mm
                       *変形ボタンで直線型にして、W=約68mm、D=約235mm有りました。
  • 本体重量  383g
  • 電源・電圧 100VーUSB電源アダプターを利用して充電 電圧:3.6Vにて使用
  • 回転数   180回転 / 毎分
  • トルク調整 クラッチ数は6+1段 最小トルク(締付強さ )2.5N・M
                    最大トルク:4.5N・M
                        *ダイヤルリンクを回して、数字をメモリに合わせてトルク調整
  • 【正逆転切り替え】正逆転レバーの位置を調整することで、ビットの回転方向を切り替えでき、ネジを締め付けるだけでなく、ネジを緩めることも可能です。
           *注意:使用しない時、正逆転切り替えレバーを中間の位置にしておいて、不意な始動で、
                  ケガの恐れがあります。
  • 作業先端照射用LEDライト付き
  • 底部LEDライト付き

付属品

  • 25mm CRVビット28本(プラスビット–PH0/PH1/PH2/PH3/PH4
  • ポジドライブ–PZ0/PZ1/PZ2/PZ3/PZ4
  • マイナスビット–SL3/SL4/SL5/SL6;ヘックス–H2/H3/H4/H5/H6
  • トルクス–T10/T15/T20/T25/T3
  • 四角ネジ–S3/S4/S5/S6
  • 50mm CRV プラスビット4本(SL4/SL5/PH1/PH2)
  • HSS ツイストドリル2本(2.0/3.0)
  • 六角ソケット8個(5mm/6mm/7mm/8mm/9mm/10mm/11mm/12mm)
  • USB給電充電用専用電源ケーブル L=約1,000mm
  • ビット延長アダプター 1本
  • フレキシブルシャフト L=約300mm

以上が、付属品としてついていて、一つの携帯用ケースに収納されています。
携帯用収納ケースサイズ:W=約265mm、D=約215mm、H=約83mm です。
*USB給電アダプターは、付属されていなかったので、携帯用収納ケースに入る小さいアダプターを一緒に収納しています。
私は、下記の様なUSB充電アダプターを使っております。

使っている写真
*販売ページより、写真を引用させて頂きました。

まとめ

実際に使ってみると、大抵の作業は、44種類のドリル&ドライバーのお陰で、事足りて、ホームユースには、重宝しています。
ちょっとした家具の組み立て・DIYなどにも手軽に使えていいです。

電動ドリル&ドライバーを使って、「軸ブレ」を心配される方もいるようですが、実際に仕事で別に専門に使っている電動ドリル・インパクトドライバーなども些少ですが、「軸ブレ」しています。
「軸ブレ」が、大きすぎるのであれば作業上ストレスとなるでしょうが、ある程度のビットの振れは「遊び」として考えると、「軸ブレ」が、全く無い電動ドリル&ドライバーだとビットの少しの錆でも、ビットが、抜けなくなってしまったり、少しの傾きでもネジ山がずれて舐めやすくなってしまう恐れも有るように思えます。

実作業では、作業対象にあてがってから、回転作動をさせますので、この電動ドリル&ドライバーでも問題なく使えております。
何より、この価格でこの種類のビットがついてきて、用途に応じて使えるので、コストパフォーマンスを感じてしまいます。

最近は、この様なツールが数多く売られていて、ビットの種類と数、ツールとして色など、色々な選択肢があるので、目的に合った物を選ばれると良いと思います。

全てを携帯用収納ケースに入れても、重量が、1300gと軽くコンパクトなので、予想される作業を考えて、最近では、持ち出して、外出先でも使う様になりました。

手軽で便利でしたので、ハンドルグリップタイプのドライバーも手に入れて使っております。
*販売ページより、写真を引用させて頂きました。

人気なのか、今、この商品は、在庫切れの様ですが、こちらも色々と類似商品が出ていますので、目的に応じて、手に入れる事、出来ますね。

<有難う御座います、Jiiyaでした>

こちらの記事もおすすめ