暮らしの情報

年齢によるに目の衰え解消!ファンケル[ えんきん ]試すぞっ!

<こんにちは、Jiiyaです>

いやぁ~、最近は、パソコン・スマホにかじりつきで、どうも、物をそして字を見ていて、ぼやけて見えてしまって・・・。

皆さんは、目のケアをどうされていますか?

確かに自分は、1日の中でパソコン・スマホを仕事上も含め、長時間見て使ったいますので、1時間ぐらい見ては、目を休ませているのですが、それでも、なかなか、以前のような視力が回復できずに「目の衰え」を感じています。

色々調べて見ると、年齢と共に、「目の衰え」を感じるのは、否めないようですね。
最近は、若い時から、スマホ・パソコンを見る時間が多くて、早い年代から、「目の衰え」を感じている人が多いようですね。

そうこう悩んでいたら、あのファンケル< FANCL >から、手元のピント調節力に目の機能性表示食品「えんきん」 と言う栄養補給サプリメントが出てるというコマーシャルを見たので、少しでも、「ぼやけの緩和により、はっきりと見える視力」の手助けになれば、と思い挑戦してみようと思います。

手元のピント調節力に「えんきん」とは?

近頃、増えているパソコン、スマホの普及による目の使いすぎ、さらに過年齢による目の衰えが、原因の視力の低下を訴える人が、自分の廻りには多くなってきた様です。
つまり、自分もそういう年代に入り、必然的に親しくお付き合いさせて頂いている方が、同年代ですから、そうなりますね。

自分も仕事の内容に依っては、1日中、パソコンと向き合っている日が、非常に多いです。
とにかく、今は、情報交換・連絡報告するにもメール、書類を作成する、図面を書く、デザインワークする、・・・プライベートで映画・ミュージックビデオを観るなど、パソコンを利用する日は、ほぼ毎日です。

どれだけ、目を酷使しているのか・・・身体の中でも、寝ているとき以外、いつも使っていて、その健康維持には大事に努めたい所です。

ファンケル< FANCL >の「えんきん」サイトで、簡単ではありますが、近くのものにピントを合わせて調節力を調べる方法が書かれているのですが、実際に行ってみたら、年代に応じた近点調節力と比べましたら、ひどい状況でした。

「早めのケア」が必要ですね。

「えんきん」は、「手元のピント調節」の臨床試験も済み、「ぼやけの緩和という黄斑部の色素を増やす」機能性関与成分:ルテインに関する成分文献評価(研究レビュー)もある品質だそうです。

目の機能性表示食品との事です。「ぼやけの緩和」によりはっきりと見る力を助けたり、手元のピント調節力を助けたりする事に期待が持てるそうです。

手元のピント調節力に「えんきん」利用への思い

「えんきん」には、マリーゴールド、ホウレンソウ、ブルーベリー、青魚、鮭、いくらなど自然界に存在するものに含まれる目に効用があると思われるものが成分として凝縮されているそうです。

これらの成分が、以下に無駄なく効率的に働くかをファンケル< FANCL >は、追求してきたようです。

4週間の続けての摂取でその効果も確認されたようで、今、お試し価格で提供されているので、目を大切に思い、今後も目を使い続けていく事を思うと、費用対効果の上でも、試して見る価値ありそうですね。

<有難う御座います、Jiiyaでした> 

こちらの記事もおすすめ
error: Content is protected !!