暮らしの情報

火災地震保険加入の築5年以上の一戸建のお家 無料調査で保険金申請

<こんにちは、Jiiyaです>

築5年以上の一戸建てをお持ちの方に、お住まいの建物で、加入されている火災・地震保険で保全を計れるかも知れない方法が、有るようです。

一見ダメージ被害が無いように見える建物でも、調査によって、火災・地震保険の適用が受けられて、保全が計れるという事です。
現在住んでいるお家に加入している火災・地震保険で適用を受けることが出来るかどうかの被害があるかの無料調査をしてくれます。

それは、『お家の保険相談センター』と言う所です。
下記のバナーをクリック又はタップして頂くとお問い合わせ申込フォームが御座います。

日本では、火災・地震保険の適切な利用方法や知識が、余りよく知られていないのが現状で、火災保険というと火事が起きたときや災害に遭ったときしか、適用を受けないというイメージがあります。
しかし、加入されている火災・地震保険の約9割は、火事以外の雪、雨、風、雷の被害にも適用出来るとの事です。

自分のお家には、目立った傷もないし、関係ないと思われている方の多くが、「細かい外壁のひび割れ」「室内のクロス壁紙のシワ」「基礎の縦状のひび」「屋根瓦の浮き・ズレ・損傷・ひび割れ」「屋根板金の変形・浮き」などの調査による見識と申請で住宅火災保険の請求漏れとなっている様です。
これは、損をしているかも知れませんね。

自己所有物件で築5年以上、火災・地震保険に加入していれば、火災保険金が受け取れる可能性が有るようです。

一個人で、火災・地震保険の適用の申請するには、
1.被災箇所を探すために、ハシゴなどで屋根に登って危険な思いで調査しなければならない。
2.お家に発生しているダメージと思われる傷が、被災による物か、経年劣化による物か、判別が、必要となる。
3.被災箇所を適切な角度で撮影保存する必要がある。
4.申請可能な箇所を見落としてしまうリスクがある。
5.被災箇所が具体的にいつ、どの災害によって生じた物かを特定しなければならない。
6.被害に見合った修復のための適切な金額の見積書を作成しなければならない。
7.加入されている保険会社・保険鑑定人と適切な折衝を行わなければならない。
などの業務が必要で困難な要素が、大変多いです。

仮に申請出来たとしても、曖昧で不適切な部分が有ると申請が却下されたり、本来支払われるべき保険金が減額されたりする事が、多いようです。

ですので、専門の『お家の保険相談センター』に依頼すると、保険金の適用を受けられなかった場合でも調査費用やそれに要した交通費の請求は一切無い「完全無料の実地調査・申請サポート」を行ってくれるようです。

被害箇所を見落とさずに適切な被害状況を特定し、適切な保険金を頂ける可能性が高い年間1,000件の申請実績もあるとの事です。

豊富な経験と高い技術で一級建築士などの資格を持つ調査員が建物診断を担当され、加入されている火災・地震保険を正しく適用してくれる様です。
平均100万円の保険金受給額となるそうです。

エリアによって、調査員の派遣期間は、前後しますが、申込をしてから、1週間~2週間で、日本全国の調査に対応出来るとの事です。

「お家の保全」を少しでもお考えでしたら、一度、依頼されては、如何でしょうか?
「お家に保険申請可能な被害があるかの無料調査」は、こちらから、ネット問い合わせフォームから出来る様です。
下記のバナーをクリック又はタップして頂くとお問い合わせ申込フォームが御座います。

<有難う御座います、Jiiyaでした>

こちらの記事もおすすめ
error: Content is protected !!