使って便利

フリマのお助けアイテムとなる商品計量にキッチンスケールは?

<こんにちは、Jiiyaです>

最近、「断捨離」も兼ねて、ネットでのフリーマーケットを始めて見ました。
物好きが、嵩じて色々と手に入れ、今では使わずにきちんと収納していた物をネットのフリーマーケットに出品していく事にしました。

テレビなどで宣伝しています「メルカリ」「ラクマ」、ネットで検索して見つけた書籍専門の「ブクマ」などのサイトで、始めて見る事にしました。
早速、アプリをインストールし、各サイトに登録をし、状況に応じて使えるようパソコン、タブレット、スマホで準備致しました。

フリマで商品を出品する際、一番悩むのは、設定価格で、更に「送料込み」にすると、その商品の送料価格が、その商品を梱包した際のサイズと共に、『どの位か?』を調べるのに商品+梱包材の重量を知る事が、大事となります。

そこで、重量を計量する良い物が、ないかを探す事にしました。

計量器を探す

これまで、郵便の送料(切手代金など)を調べるのに使っていたのが、レタースケールと言われる計量器でした。
既に、10年以上使っていて、現行の郵便料金には、対応していませんが、計量して現行の郵便料金表と照合しながら、使う分には、充分でしたが、計量が、500gまでしか出来ません。長く使って、愛着は、有りますが・・・。

フリマでの出品を考えると送料調べに商品を梱包した状態でのサイズと重量が必要になるのですが、<1kg>を境にして、料金が変わります。ですので、500gしか計量できないのでは、不便と思い、計量器を探す事に致しました。

とは、言え、下記の様な写真のここまで大げさな計量器は、いらないのですが・・・。

吊り下げ式計量器

計量器を購入するのに、コストも掛けられませんので、色々と検索して、数ある吊り下げ式の中から、下記の商品を購入致しました。

旅行バッグの重量を量るトラベル用に多く使われそうな計量器です。この商品へのレビューの数と評価☆印4以上で、何より安価でしたので、購入した次第です。

小さな物は、コンビニ袋などに入れて計り、大きな物は、梱包用のダンボール箱に入れて、紐を掛け、その紐にこの計量器を掛けて、計量致しました。


デジタルスケール 計量器 吊りはかり デジタル吊り下げ秤 MAX 50kgs 便利 軽量 携帯 旅行

何と、これは、50kgまで計量できるそうですが、50kgの物を吊り下げるには、ちょっと大変そうです。精度誤差は、±10gとなっていました。

フリマに出品するに当たり、ちょっと大きな物は、紐を掛けて、バランスを取りながら、計量したのですが、計量する回数を重ねていくと「何か面倒?!」感じでは、有りました。

暫くは、この方法で使っていたのですが、フリマ出品の為に、机の脇に置いて、すぐ物を載せて計量して、スピーディーに出品記載をしたくなり、今度は、キッチンスケールで使えそうな計量器を探して見ました。

キッチンスケール

キッチンスケールも数多く出ていて、精度の善し悪し、防水タイプとかも有りますネ。

だいたい計量できる上限が、2kg~3kgの物が、多く、そんな中、10kg上限(?)と価格もリーズナブルな下記の商品を見つけました。

「本当に10kgまで、計れるの?」「精度はどうなのかなあ?」と思ったのですが、こればかりは、使って見ないと正直、解りません。
レビューもどこまで信憑性が、有るかも? ですね。


GOAMZ キッチンスケール デジタルスケール 1g/10kg クッキングスケール 計量器 電子はかり 超薄型 多機能 防水、風袋引 き、オートオフ機能付き 日本語説明書つき(電池含む)

こちらは、はかりの最小単位は1gで、最大秤量は10キロまでの計量器です。
机の脇において、丁度良いようなサイズで、重量も読みやすいLEDバックライトも付いています。
風袋引き機能、7つの単位の切替、自動校正、オートオフ機能などの機能が付いていて、重宝します。

まとめ

従来から有る計量器と併せて、それぞれに、一長一短は、有りますので、この3台で、出品する商品の計量方法に合わせて、暫く、使い続けて見ようと思います。

いずれにしても、フリマを利用して、上手く「断捨離」出来ると良いのですが・・・。

宜しかったら、こちらもどうぞ

<有難う御座います、Jiiyaでした>

 

 

こちらの記事もおすすめ
error: Content is protected !!