暮らしの情報

【カセットガスボンベ式ストーブ】防災用も考えて、常備したいです

<こんにちは Jiiyaです>

冬の寒さが身にしみる今日このごろです。
この寒い日常は、我が家の暖房には、安全を考えて、電気利用のルームエアコンを使用しています。
でも、この頃は、地震などの自然災害も多く聞かれる様になり、こんな冬に停電になって、電気利用のルームエアコンが使えなくなったら、どうしよう、と思う様になりました。
昨年も台風の影響で停電になり、その時は、暖かい時期で暖房の事は、考えなくて済んだのですが・・・。

我が家では、非常時の事も考えて、カセットガスボンベを使ったコンロを2台、常備しています。
このカセットガスボンベを使った暖房器具が有れば、便利と思い、探してみました。
いくつか、良さそうな【カセットガスボンベ式ストーブ】が、有ったので、検討したいと思っています。
【カセットガスボンベ式ストーブ】とは、この様な商品です。

【カセットガスボンベ式ストーブ】のメリットに思える事

◆【カセットガスボンベ式ストーブ】は、燃料として、コンビニ・ドラッグストア・スーパー・ホームセンターなどで買える「カセットガスボンベ」を利用できるようです。
カセットガスボンベをセットするだけなので、使い方も割と簡単そうです。

石油ストーブの様な匂いは、無く、石油の補充の様な意外と面倒な事も無いようです。

但し、各メーカーでは、推奨して使えるガスボンベを使う様にしているでしょうから、推奨以外を使う場合は、1998年に改訂されたJIS(日本工業規格)により、メーカー間の互換性が確保されているカセットガスボンベを使う事は、勿論でしょうが、あくまで、自己責任となりそうです。

◆【カセットガスボンベ式ストーブ】は、コンパクトなモデルが多く、持ち運びしやすい様です。
アウトドアのレジャーにも使えて、停電や災害時に電気利用の暖房器具を使用できない時に役立ちます。
それだけに、カセットガスボンベの備蓄も大事ですが、保管場所に関しては「40度以上になる場所に置かない」「直射日光の当たる場所に放置しない」という注意が、必要となりそうです。
*保管場所については、「カセットボンベの安全な保管方法を解説」を参考にされてください。

【カセットガスボンベ式ストーブ】のデメリットに思える事

◆【カセットガスボンベ式ストーブ】は、燃料が、カセットガスボンベなので、他の燃料使う暖房器具と比べると暖房能力は、弱いようです。
足元周辺など、スポット的に温める暖房器具として、向いている様です。

◆燃料は、カセットガスボンベですが、ガスボンベ1本で、ストーブの使用できる時間は、限られていて、それぞれのストーブの燃焼にもよるでしょうが、おおよそ2時間~3時間程度となるようです。ちょっと、燃料のカセットガスボンベ交換が、頻繁となりそうです。
必然的に、ランニングコストも掛かってくるようになりそうです。
少し、多めの備蓄が必要となるかも知れません。

【カセットガスボンベ式ストーブ】には、屋外用と屋内用がある様です

◆【カセットガスボンベ式ストーブ】には、屋外用と屋内用が、ある様で、使う目的の用途に応じて選択しなくては、いけないようです。

◆屋内用の【カセットガスボンベ式ストーブ】には、<転倒防止装置><立消え安全装置><不完全燃焼装置>の3つの安全装置の機能搭載が、義務付けられている法的規制があるようです。
屋外用の【カセットガスボンベ式ストーブ】には、法的規制はなくて、以上の3つの安全装置のいずれかが、機能搭載されていない事も有るようです。
手に入れて、使用するときには、これらの事を確認する必要がありますね。

◆【カセットガスボンベ式ストーブ】の使用に当たっては、安全装置の有無に関わらず、密閉された室内空間などでは、燃焼によって、酸欠や一酸化中毒による重大な事故も発生する恐れがあるので、細心の注意が必要ですね。

◆【カセットガスボンベ式ストーブ】を使用する周囲には、引火しやすい物がないかどうかの注意も必要ですね。

【カセットガスボンベ式ストーブ】の選択方法で思うこと

◆比較的に【カセットガスボンベ式ストーブ】は、持ち運びに便利なコンパクトな物が多いようですが、使用目的に応じて、『最大発熱量と燃焼時間』の事前チェックをしながら、選ぶと良いようです。

◆非常時の緊急利用などには、乾電池不要で着火できる「圧電点火方式」の【カセットガスボンベ式ストーブ】の機種が、有るようで、便利のように思えます。

◆【カセットガスボンベ式ストーブ】を選ぶ際に、欠かせないのが、各安全装置の機能搭載ののチェックになると思います。

  1. 転倒時安全装置
     *本体が倒れたり、強い衝撃を受けた時にガスを自動的に遮断する
  2. 立消え安全装置
     *風など火が消えた際、自動的にガスを遮断する
  3. 不完全燃焼装置
     *酸素濃度が低く不完全燃焼する前に、自動的にガスを遮断して消化する
  4. 圧力感知安全装置
     *カセットガスボンベが加熱されてガス圧力の以上上昇を検知するとガスを遮断する
  5. 着脱安全機構&誤装着防止機構
     *器具栓つまみが消火位置にないと使用セット出来ないなどの安全使用機能

以上の様な要因をよく理解周知して、【カセットガスボンベ式ストーブ】を選んでいこうと思っておりますが、室内でのデスクワークの時での暖房器具として考え、初めての購入ですので、持ち運びに便利なコンパクトで、各安全装置の機能が搭載されている下記機種の購入を検討しています。

<Iwatani>サイトから、抜粋させて頂きました。
詳細については、メーカーサイトをご覧ください。
 

<有難う御座います、Jiiyaでした>

 

こちらの記事もおすすめ